第28回全日本高校女子サッカー選手権は12日午後2時10分、兵庫県のノエビアスタジアム神戸で決勝を行う。2大会ぶり4度目の優勝を目指す静岡県の藤枝順心は神村学園(鹿児島)と対戦する。
 藤枝順心は10日に兵庫県入り。11日は現地で調整し、決戦に備えた。パスをつないで組み立てる伝統的なスタイルから今大会は“ハイプレス”も採用している。総得点10は出場32校中最多。中盤の運動量を生かし、高い位置でボールを奪って効果的な速攻を仕掛けている。多々良監督は「神村学園もハイプレスが主体。戦い方は似ている。勝つために2点は必要」と話した。
 7日の修徳(東...    
<記事全文を読む>