「伝統の堅守を見せてくれた」「埼スタに連れてきてくれてありがとう」-。埼玉スタジアムで11日に行われた全国高校サッカー選手権大会準決勝。本県代表の矢板中央は静岡学園(静岡)に0-1で敗れ、惜しくも初の決勝進出を逃したが、最後まで接戦を展開したイレブンへ応援席からは温かい拍手が送られた。

病気でベンチ外の弟思い躍動 募る悔しさ、深まった絆 全国高校サッカー準決勝

 同校サッカー部員や硬式野球部員など約500人の生徒に加え、OBや矢板市商工会のメンバーらも“参戦”。福田富一(ふくだとみかず)知事も現地へ駆け付けて声援を送った。

 試合は序盤から...    
<記事全文を読む>