サッカーの全国高校選手権第6日は11日、埼玉スタジアムで準決勝2試合が行われ、決勝は青森山田-静岡学園の顔合わせに決まった。青森山田は2大会連続3度目、静岡学園は24大会ぶり2度目の頂点を目指し、13日午後2時5分から埼玉スタジアムで対戦する。
 青森山田は帝京長岡(新潟)を2-1で下した。前半に田中翔のヘディングシュートで先制し、後半に松木が加点。相手の反撃を1点に抑えた。
 静岡学園は試合終了間際のPKを松村が決め、矢板中央(栃木)に1-0で競り勝った。

...    
<記事全文を読む>