サッカーの第98回全国高校選手権は11日、さいたま市の埼玉スタジアムで準決勝を行う。新潟県勢で初めて4強入りした帝京長岡は午後0時5分から、前回大会覇者の青森山田と対戦する。10日は同スタジアムのサブグラウンドで最終調整し、リラックスした様子で大一番に備えた。

 選手たちは1時間半ほど、パスやシュートの練習に汗を流した。引き締まった表情で声を張り上げ、時折笑顔も見られた。

 主将のMF谷内田哲平は「チームとしても個人としても本当に良い状態」と力強い。青森山田は本年度の高円宮杯U-18プレミアリーグファイナルも制した優勝候補筆頭。「目標は日本一...    
<記事全文を読む>