全国高校サッカー選手権で4強に入った強豪・矢板中央(栃木)で正ゴールキーパーを担うのは、青森県十和田市出身の1年生・藤井陽登(はると)選手(16)だ。十和田中時代は全国的に無名だったが、ルーキーながら守護神の座に就くと、フル出場している今大会はPKを止めて勝利に導くなど一躍注目の的となっている。進学時に描いた「青森山田を倒して日本一」の夢をかなえるため、まずは11日、静岡学園との準決勝で力を尽くす。

...    
<記事全文を読む>