修徳GKの手をはじいた“シュート”がゴール左隅に吸い込まれた瞬間は、見えていなかった。1―1の後半終了間際、藤枝順心のDF角田は「クロスを上げたら入っていた。みんなが自分に駆け寄ってくれ、得点になったことが分かった」と打ち明けた。
 藤枝順心中から進学し、1年時の第26回大会はFWとして2得点した。飛躍が期待されたが、夏の全国総体は3年間ベンチ入りできなかった。熾烈(しれつ)なポジション争いに苦しんだ。
 昨年のサイドバック転向が転機になった。「自分の良さが出るポジションだと感じた。FWをやっていたことが生きるときもある」と相手の背後を突く動...    
<記事全文を読む>