FW小原が個人技を生かして先制点を演出した。前半28分、逆サイドから流れたボールを追い、ライン際でスライディングしてボールを拾った。寄せてきた相手の股間を抜き、右クロスをFW池口の頭に合わせた。
 「最近みんなでスライディングの練習をやってきたことが生きた。準々決勝(6日)は積極的にやれなかったので、仕掛けようと思った」と小原。今大会は2得点3アシスト。決勝でも得点に絡むプレーが期待される。

...    
<記事全文を読む>