J2新潟の分析コラム「オレンジスタイル」でおなじみの内田潤・新潟U-15監督に帝京長岡の特徴や、前回王者・青森山田との準決勝の展望を聞いた。

◇  ◇

 基本的に技術が高く、攻撃は狭い範囲でもパスをつなげる。それだけでなく大きな展開、ダイナミックなプレーも持ち合わせている。パスの長短、緩急があって攻撃が多彩。相手は的を絞りづらい。

 それに長岡JYFCから長く一緒にやっている選手が多く、信頼関係があってプレーに迷いがない。仙台育英戦のゴールは、晴山の動きに谷内田だけが何かを感じて反応しているし、神戸弘陵戦の先制ゴールは矢...    
<記事全文を読む>