首都圏で開かれているサッカーの第98回全国高校選手権で、帝京長岡が県勢初の4強入りを決めた。イレブンはチャンスを決め切る攻撃力と、県予選から無失点の堅い守備を武器に、11日の準決勝に臨む。今大会のこれまでを振り返った。

(運動部・石井英明)

【2日・2回戦】3-0熊本国府

 プレスとカバリングを徹底する熊本国府に守備からペースを握られかけた前半19分、MF田中克幸の強烈なミドルが決まった。寄せが緩んだ隙を見逃さず、左足を振り抜いた。

 先制したことで硬さが取れた帝京長岡は、同25分にMF谷内田哲平が...    
<記事全文を読む>