守護神の決断は揺るがなかった。藤枝順心のGK松井は、PK戦の日ノ本学園の1人目を「確実な方に蹴ってくる」と読み切り、右に飛んで止めた。4日の2回戦で、昨夏の全国総体覇者の十文字(東京)をPK戦で下した相手キッカーを研究し、導いた答えだった。藤枝順心の5人目の堀内が決めて難敵を下すと、松井を中心に歓喜の輪ができた。
 昨年は1回戦で常盤木学園(宮城)にPK戦で敗れた。藤枝順心にとって初の初戦敗退。松井はスタンド応援席から同じ富山県出身でずっと一緒にプレーしてきた主将のDF長江がPKを外し、止められなかった先輩のGK木稲(なでしこ1部千葉)が号泣する姿を見つめた。「来年、自分が必...    
<記事全文を読む>