サッカーの全日本高校女子選手権第3日は6日、兵庫県三木市の三木総合防災公園で準々決勝が行われ、昨夏の全国高校総体準優勝の日ノ本(兵庫)は2大会ぶりの優勝を狙う藤枝順心(静岡)と対戦し、0-0からのPK戦で3-4と敗れ準決勝進出を逃した。

 神村学園(鹿児島)は大商学園(大阪)に3-1で快勝。修徳(東京)は東海大福岡を2-0で下し、大阪学芸は鳴門渦潮(徳島)に2-0で勝って4強入りした。

 7日の準決勝(ノエビアスタジアム神戸)は神村学園-大阪学芸、藤枝順心-修徳の顔合わせで行われる。

...    
<記事全文を読む>