▽準々決勝

帝京長岡(新潟) 1 1―0 0 仙台育英
           0―0
▽得点者【帝】谷内田

 【評】仙台育英は開始直後の失点が痛く、4強入りはならなかった。前後半を通じて粘り強い守備から速攻でゴールに迫った。シュート数は4本と相手を大きく下回ったが、決定機はあっただけに悔やまれる。

◎前半1分の失点重く響く

 前半1分の失点が最後まで重くのしかかった。終了直後、イレブンはピッチに突っ伏して目を赤く腫らしたが「ここまでやり切ることができた」(小林虎主将)。30大会ぶ...    
<記事全文を読む>