波に乗る静岡学園アタッカー陣の中でも、1トップを担う岩本が躍動している。ハットトリックの活躍でチームトップとなる通算5点目。「先制すれば相手は崩れると思っていた」。一躍、大会の得点王候補に躍り出た。

 FKを頭で流し込んだ前半22分の1点目は「練習していた形。触れば入ると思った」と自賛したが、松村の右クロスを頭で押し込んだ2点目は「マツ(松村)のゴール」。こぼれ球を拾って蹴り込んだ3点目は「運が良かった」。控えめな姿勢を崩さない。
 県大会ではベンチ要員だった。2年生FW加納の故障で先発の座をつかみ、一気にラッキーボーイ的存在に。川口監督は「試合に出るために一発や...    
<記事全文を読む>