第98回全国高校サッカー選手権大会第5日は5日、準々決勝4試合を行い、本県の矢板中央は四日市中央工(三重)を2-0で下し、2大会ぶり3度目の4強入りを決めた。

 矢板中央は前半12分にFW多田圭佑(ただけいすけ)が先制ゴール。20分には敵陣でボールを奪った多田がこの日2得点目を決めた。風下の後半は押し込まれる展開となったが、最終ラインが体を張りブロック。MF左合修土(さごうしゅうと)やDF坂本龍汰(さかもとりゅうた)らが鋭いプレスで相手のボール保持者に圧力をかけ、2戦連続で完封した。

 このほか帝京長岡は谷内田のゴールで仙台育英(宮城)に1-0で競り勝ち、新潟県...    
<記事全文を読む>