サッカーの全国高校選手権は5日、東京・駒沢陸上競技場などで準々決勝4試合が行われる。徳島県代表の徳島市立は午後2時10分から同競技場で、静岡学園と県勢過去最高位に並ぶ4強の座を懸けて対戦する。2、3回戦同様、粘り強く守って勝機を見いだしたい。 写真を拡大  徳島市立イレブンは4日、東京・稲城市の日大総合グラウンドで約2時間の調整練習に汗を流した。主眼は守備の再確認。田内ら最終ラインと川人、阿部のダブルボランチでブロックをつくってゴール前を固め、相手が焦って外から放り込むと長身の選手が並ぶ最終ラインがはじき出すというこれまでのスタイルを入念にチェックした。  これまで2試合は無失点と安定...    
<記事全文を読む>