第98回全国高校サッカー選手権は5日、準々決勝4試合を行う。静岡県代表の静岡学園は午後2時10分から、東京・駒沢陸上競技場で徳島市立と対戦する。勝てば、藤枝東が準優勝した86回大会以来、12年ぶりの県勢4強となる。  ⇒【写真特集】3回戦 静岡学園―今治東中教校  対戦する徳島市立は堅守が持ち味で、プリンスリーグ四国2位の実績を持つ。夏の全国高校総体は3試合連続で0-0からPK勝ちし8強入り。今大会も初戦の2回戦は0―0からPK勝ちを収め、3回戦はセットプレー一発で逃げ切った。  静岡学園は3戦11得点と自慢の攻撃陣が波に乗る。徳島市立戦では、いかに堅固なブロックをこじ開ける...    
<記事全文を読む>