サッカーの第28回全日本高校女子選手権(神戸新聞社後援)は3日、兵庫県三木市の三木総合防災公園などで開幕し、1回戦16試合が行われた。兵庫勢は5大会ぶりの優勝を目指す関西女王の日ノ本が1-0で関東女王の前橋育英(群馬)に競り勝った。

 関西女王の日ノ本が、持ち前のハイプレスで関東の難敵を封じた。被シュートを3本に抑え、田辺監督は「想定通りの試合。守備にはインターハイ(全国総体)から手応えがあった」と完成度に自信をのぞかせた。

...    
<記事全文を読む>