藤枝順心のFW池口が全国大会初得点で悪夢を振り払った。後半7分に小原の右クロスを頭でたたき込んでチーム2点目。ここからのゴールラッシュで5得点の快勝。優勝した第26回から続く無失点も7試合に伸ばした。
 昨年の1回戦。池口は開始早々に右膝の靱帯(じんたい)を断裂した。復帰まで10カ月を要したが、「いろいろな人の支えでここまで来られた。今朝、先発を言い渡され、結果で恩返ししようと思った」と奮い立った。入学時から池口と寮で同部屋の小原は「この1年、弱みを見せずにやってきた」と自身の前半3分の先制点よりも池口へのアシストを喜んだ。
 ハーフタイムに前線のプレスを微調整し、...    
<記事全文を読む>