第98回全国高校サッカー選手権大会第3日は2日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムほかで2回戦を行い、本県の矢板中央は大手前高松(香川)を2-1で下し、3年連続となる3回戦進出を決めた。

 矢板中央は序盤から球際の強さを見せて試合を支配。32分には靏見拳士朗(つるみけんしろう)が敵陣左からミドルシュートを突き刺し先制点を奪った。しかし、39分には相手のロングスローから自陣ゴール前でパスをつながれ、同点とされた。

 後半はFW久永武蔵(ひさながむさし)を投入。15分には敵陣左でボールを収めたMF左合修土(さごうしゅうと)が巧みなターンでマークをかわし、ゴー...    
<記事全文を読む>