第九十八回全国高校サッカー選手権大会は二日、東京都の駒沢陸上競技場などで二回戦が行われた。県代表の丸岡は静岡学園(静岡)に0-3で敗れ、16強進出を逃した。

 丸岡は攻守にわたって圧倒された。立ち上がりに左サイドからドリブル突破を許して失点。その後は前線からの守備が機能し始めるが、前半終了間際に右サイドからのクロスを相手に流し込まれた。

 後半は自陣での攻防が長く続き、22分にゴールを決められた。アディショナルタイムに波状攻撃を仕掛けるも、得点できず。シュート本数は相手の12に対し1だった。

◆完敗「悔しさをつな...    
<記事全文を読む>