第98回全国高校サッカー選手権第3日は2日、埼玉県の浦和駒場スタジアムなどで2回戦16試合が行われ、埼玉代表で2大会ぶり3度目出場の昌平が初出場の興国(大阪)に2―0で快勝、初の16強入りを決めた。

 立ち上がりから組織的な守備が機能した昌平は、興国をシュート2本に抑えて無失点勝利。先制点は後半6分、小見と小川の連係でペナルティーエリア内に進入すると、奪われかけたボールを足下に収めた須藤が左足シュートを決めた。5分後には敵陣の深い位置でビルドアップの隙にボールを奪った鎌田が、右足シュートを決めてリードを広げた。藤島監督は「連動性を持って相手を見ながら判断できた。奪い切って攻...    
<記事全文を読む>