◆全国高校サッカー選手権1回戦 大分2-2矢板中央(PK5-6)(31日・NACK5スタジアム大宮)

 驚異的な粘りは届かなかった。矢板中央の7人目のキッカーがPKを成功させると、大分の選手は肩を落として立ち尽くした。2点差を追いついてのミラクル勝利に一歩届かず、小野正和監督は「こっちに流れはあると思ったが…」と悔やんだ。

 2点を追う後半19分に途中出場の森山悠太(3年)が左からのクロスを頭で押し込むと、同27分にも途中出場の大神颯汰(同)が同点弾を決めた。PKでも5人目までが冷静に決めながら、6、7人目が連続失敗。終盤の勢いは続かなかった。 <記事全文を読む>