◆全国高校サッカー選手権1回戦 筑陽学園1-0愛工大名電 (31日・NACK5スタジアム大宮)

 第98回全国高校サッカー選手権は31日、首都圏で1回戦の残り15試合があり、11大会ぶり出場の筑陽学園(福岡)は初出場の愛工大名電(愛知)を1-0で破った。前半に挙げた岩崎巧(2年)の決勝点を守り切った。

■「逆サイドで勝負」

 前半最後のチャンスとなった8本目のCK。キッカーの藤隆成(3年)が「まっすぐな弾道の球を蹴ると相手は崩れる。近いサイドに味方をおとりで置き、逆サイドで勝負しよう」と策を巡らし、逆サイドで待っていた岩崎の頭上へ鋭い弾道を送った。<...    
<記事全文を読む>