第98回全国高校サッカー選手権第2日は31日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムなどで1回戦15試合を行い、岐阜県代表で2大会ぶり6度目出場の帝京大可児は、初出場の大手前高松(香川)に0-1で惜敗した。

 帝京大可児は前半、サイド攻撃や武器のロングスローから好機をつくろうとするが、なかなかペナルティーエリア内で勝負ができず、決定機を欠いた。

 風下に立った後半は序盤攻め込まれる場面が目立ち12分、ロングスローから押し込まれ先制を許した。その後は選手交代などを絡め、ボールをつないでゴール前に迫ったがシュートまで持ち込めず、得点を奪えなかった。

...    
<記事全文を読む>