今季からJ1で戦う横浜FCの三浦知良が1年途中まで在籍した静岡学園の初戦をスタンドで観戦。試合後にはロッカールームで後輩たちを激励した。報道陣に囲まれた三浦は「随所に個人技を出し、学園らしい楽しいサッカーだった。刺激を受けた」と感心した様子。「いろいろなバリエーションのゴールを見せてくれて、成熟した大人のサッカーをしている印象。応援している」と笑顔を見せた。

...    
<記事全文を読む>