ラグビーの県高校新人大会は19日、昨秋の全国高校埼玉大会4強と東西南北の各地区予選を勝ち上がった12チームの計16チームが参加して開幕する。優勝チームが手にする全国高校選抜大会(3月20~31日・熊谷ラグビー場)の切符と、上位2チームに与えられる関東高校新人大会の出場権を争う今大会を展望した。

 優勝争いは川越東、昌平、深谷の3校を中心に展開されそう。だが、連覇を狙う浦和や昨秋の埼玉大会4強の正智深谷など、3校を追うチームも実力差は小さく、群雄割拠の大会が予想される。

 昨秋の県準優勝の川越東は、FB江田が新主将を務める。前チームの主力が多く残ったバックス陣が強...    
<記事全文を読む>