第99回全国高校ラグビー大会は7日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で決勝が行われ、桐蔭学園(神奈川)が御所実(奈良)を23-14で下し、9大会ぶり2度目の優勝を果たした。

 桐蔭学園の控えプロップ真利(姫路市立灘中出)は「姫路から神奈川に出てきて3年間頑張ってきた。やっぱりうれしい」と笑顔を浮かべた。

 同大相撲部の真利順一監督を父に持つが、保育園時代から熱中したのは楕円(だえん)球。中学時代は相撲部に入りながら姫路ラグビースクールなどで腕を磨き、この日対戦した御所実の谷中らとともに兵庫県スクール選抜チームにも選ばれた。

 今大会は準決勝までの3試合...    
<記事全文を読む>