◆煩悩を振り払う

 百八の煩悩を振り払おうと三十年近く続く年末の恒例行事。一、二年生三十人余りが二十六日から三日間かけて取り組み、この日は二十の矢を放った。弓道部OB会主催の「浜西弦友会杯」も併せて開かれ、最後の八射の成績を競った。男子は和久田陸さん(一年)、女子は藤井詠未さん(二年)が優勝した。

 浜松市中区の浜松西高校弓道場で二十八日、弓道部員が百八の矢を射る「百八射会」があった=写真。卒業生十人ほども駆け付け、頼もしい後輩の姿を見守った。

 部長を務める大崎海光(かいり)さん(同)は「来年はさらに良い年になるよう、思いを...    
<記事全文を読む>