21日からスペイン・バルセロナに派遣される水球の全国高校選抜日本代表メンバーに、佐賀東高2年の井上凱登(17)が選ばれた。初の代表入りで、同校の岩城賢一監督(29)もコーチとして帯同。師弟で海外遠征に挑む井上は「自分のプレーがどのくらい通用するのか試したい」と意気込む。

 井上は兵庫県明石市出身。小学5年から競技を始めて全国大会に2度出場し、中学時代は3年連続で兵庫県選抜に選ばれた。「中学で辞めようと思っていたが、先生の熱心さにひかれた」と日体大時代に日本代表としてユニバーシアードに出場した岩城監督の誘いを受け、佐賀東に入学した。

 173センチ、67キロ。同じ...    
<記事全文を読む>