第16回全九州高校相撲新人選手権大会は15日、鹿児島県奄美市の奄美体験交流館常設相撲場であった。県勢は団体の唐津青翔が決勝トーナメントに進んだが、1回戦で敗退。個人は80キロ級の伊藤晃成(多久)のベスト8が最高だった。

 団体の唐津青翔は予選を2勝1敗で通過。決勝トーナメント1回戦で優勝した文徳(熊本)に0―3で敗れた。

...    
<記事全文を読む>