柔道の全国高校選手権兵庫県予選は15日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で個人の男女各5階級があり、男子は66キロ級の小林豪城ら神戸国際大付勢が2階級を制し、無差別級の岡田綾太朗ら育英勢も2階級で優勝した。

 男子66キロ級の小林(神戸国際大付)は、今春の全国高校選手権2位の岸(報徳)を準決勝で破り、勢いそのままに優勝した。それでも「うれしいが、ただ全国大会の出場が決まっただけ」。明石市立望海中時代を含め、初の県制覇とは思えない落ち着きぶりだった。

...    
<記事全文を読む>