バレーボールの第72回全日本高校選手権(春高バレー)は来年1月5日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。兵庫から男子は市尼崎、女子は氷上が出場。市尼崎は大村工(長崎)と、氷上は福井工大福井(福井)とそれぞれ1回戦で対戦する。決勝は12日。令和初の「春高」で飛躍を期す両チームの戦力を紹介する。(山本哲志)

■粘り強い守りから展開<男子・市尼崎> 

 近年は高さとパワーを生かした攻撃力を前面に押し出してきた市尼崎だが、今年はディフェンス重視。粘り強いレシーブで拾い、コンビバレーを展開する。「個が集まってチームになる」(稲垣監督)と個々の精度を磨きな...    
<記事全文を読む>