「家族以上に長い時間を一緒に過ごしてきた存在。2人でチームを引っ張り、目標の8強を達成したい」。U18(18歳以下)日本代表経験もあるエース野中瑠衣主将(3年)は、もう1人の最上級生でセッター小西愛和への思いを口にする。

 1、2年生が大半を占める若いチーム。それでも2人を中心に一体感が強い。戸嶋幸子監督は「勝負に対する強い姿勢でチームをまとめてくれる。全てにおいて信頼している」と話す。

 県予選後、センター柴田蒼生(1年)の故障離脱に伴い、大胆にシフトを変更。レフトの野中がセンターに回ったことで速攻も多用できるようになり、オープン攻撃が主だったチームの姿が変貌...    
<記事全文を読む>