男子第70回、女子第31回全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)発着のコースで開催され、仙台育英が2015年の世羅(広島)以来となる男女同時優勝を果たした。仙台育英の男女同時優勝は26年ぶり2度目。
 男子は2時間1分32秒で12年ぶり8度目の優勝。トップの倉敷(岡山)と48秒差の2位でたすきを受けた6区のムチリ・ディラングが区間新の走りで5秒差まで縮めた。アンカーの吉居駿恭(しゅんすけ)がトラックで倉敷をかわし、逆転で制した。
 女子は1時間7分0秒で2年ぶり、最多に並ぶ4度目の頂点に立った。1区で小海(こかい)遥が区間賞の快走。...    
<記事全文を読む>