男子第70回全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とするコース(男子=7区間42・195キロ)で行われた。地区代表11校を加えた58校が出場する中、徳島県の徳島科技(4年ぶり24度目)は2時間7分55秒で走り、42位でレースを終えた。

  仙台育英(宮城)が2時間1分32秒で12年ぶり8度目の優勝を果たし、わずか3秒差で倉敷 (岡山)が2位に入り、3位は佐久長聖 (長野)だった。

...    
<記事全文を読む>