女子第31回全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とするコース(5区間21・0975キロ)で行われ、徳島県の鳴門は1時間13分50秒で前回の51位を大きく上回り、3年ぶりの30位台となる36位でレースを終えた。

 仙台育英(宮城)が1時間7分00秒で2年ぶり4度目の優勝を果たし、2連覇を狙った神村学園(鹿児島)は2位、3位は筑紫女学園(福岡)だった。

...    
<記事全文を読む>