男子第70回・女子第31回全国高校駅伝競走大会は22日、京都市のたけびしスタジアム京都(西京極陸上競技場)を発着点に男子が7区間42・195キロ、女子が5区間21・0975キロのコースで行われる。県内からは男子の部に四日市工と伊賀白鳳、女子の部に四日市商が出場する。

都道府県代表の男女各47校以外に、第70回の記念大会の男子は地区代表11校も出場する。県内からの出場は県高校駅伝優勝の男子・四日市工と女子・四日市商に、東海高校駅伝優勝の男子・伊賀白鳳の計3校。県男子2校の同時出場は三重(松阪市)と神戸(鈴鹿市)が出場した第16回大会(1965年)以来54年ぶり。

...    
<記事全文を読む>