男子第70回、女子第31回全国高校駅伝競走大会は22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで行われる。記念大会の男子は各都道府県を勝ち抜いた47校に地区代表11校を加えた58校、女子は47校が都大路を駆ける。本県からは男子の那須拓陽(2年連続10度目)、女子の白鴎足利(6年連続6度目)が出場。両校の予想オーダーや戦力を紹介する。

■2時間6分台目指す 男子・那須拓陽

 県大会の7区間中5区間で1位を獲得し、頂点に立った那須拓陽。選手層の厚さを強みに、41位に沈んだ前回大会の雪辱を狙う。

 ハイペース...    
<記事全文を読む>