男子第70回全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着する7区間42.195キロで行われる。午後0時30分スタートの男子は5年に1度の記念大会に当たり、地区代表の11校を加えた58校が競う。近畿大会で出場権を得た須磨学園は2年ぶり6度目の参戦。(金山成美、長江優咲)

 須磨学園は近畿大会で最後の出場枠をもぎ取り勢いづく。1、2年生主体の若いチームは日を追うごとに成長し、山口監督は「入賞が見えるチームになってきたし、そのための練習をしてきた」と話す。

 登録10人全員が5000メートルを14分50秒以内で走る。今月1日の記録会で半数の5人が自己記録...    
<記事全文を読む>