男子第70回全国高校駅伝は22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着する7区間42.195キロで行われる。午後0時30分スタートの男子は5年に1度の記念大会に当たり、地区代表の11校を加えた58校が競う。兵庫からは西脇工が2年連続31度目の全国舞台に挑む。(金山成美、長江優咲)

 西脇工の都道府県予選タイムは出場チーム中16番目。選手たちは「8位入賞」を目標に掲げ、足立監督は「今年は苦戦を覚悟しているが、仲が良く、まとまれば面白い」と県大会を制した結束力に期待する。

 須磨学園、報徳を加えた3強による激戦が予想された県大会は、1区松尾が単独トップに立ち、3区吉...    
<記事全文を読む>