22日に京都市で開催される全国高校駅伝競走大会に向け、男女そろって出場する富山商業高校(富山市)が、県総合運動公園などで最終調整に励んでいる。男子は3年ぶり23回目、女子は28年連続の都大路。より高みを目指して健闘を誓う。(山岸弓華)

男子 一つでも上へ

 男子は水上直人選手(三年)が1区を担い、「火付け役になりたい」と意気込む。自身初めての出場で「ずっとあこがれだった。走るのが楽しみ」と笑顔を見せる。連続出場する女子をよそに抱いていた悔しさもレースにぶつける。チームは上り調子で、二十位台が目標。目立ったエースはいないが、...    
<記事全文を読む>