全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)の女子決勝が二十八日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザであり、前回覇者の岐阜女子が67-72で桜花学園(愛知)に敗れ、同校初の大会連覇はならなかった。

 岐阜女子は序盤こそ試合を優位に進めたものの、逆転を許すと徐々にリードを広げられ、第二クオーター途中で最大13点差をつけられた。その後、林真帆主将(三年)の3点シュートなどで反撃し、1点差で折り返すと、第三クオーターで一時逆転に成功。だが、再逆転を許すと第四クオーターで突き放され、終盤の猛追も及ばなかった。

◆最...    
<記事全文を読む>