東京都内で開かれている全国高校バスケットボール選手権(ウインターカップ)に出場している岐阜女子は二十六日、準々決勝で小林(宮崎)に92-72で勝利した。

 大会連覇を目指す岐阜女子は序盤、今大会初めてのリードを許したが、インサイドを起点に攻撃でリズムをつくって逆転。フォワード林真帆主将(三年)が4点プレーに成功して突き放した。

 二十七日の準決勝で京都精華学園(京都)と対戦する。

◆小柄な体、気持ちは強く 大角地選手

 岐阜女子のガード大角地黎(れいり)選手(3年)は持ち味のスピードで相手ディフェン...    
<記事全文を読む>