全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)は二十五日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで各試合があり、女子三回戦で県代表の津幡が、全国高校総体三位の大阪桐蔭(大阪)に72-71で勝利。試合終了間際の劇的な逆転勝ちで、二年連続のベスト8に進出した。

 12点差を追う最終第四クオーター(Q)。津幡は徐々に点差を縮め、残り17秒で佐藤杏音選手(二年)が3点シュートを決めて69-70と1点差。その後互いにフリースローで1点ずつ取り合い、残り3・4秒で津幡が再びフリースローを獲得。エース中道玲夏選手(三年)が落ち着いて2本を沈め、土壇場で逆転した。

 東山耕...    
<記事全文を読む>