バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)第3日は25日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われ、男子県代表の東海大諏訪は2回戦で2大会ぶりの優勝を目指す明成(宮城)に78―104で敗れた。

 東海大諏訪は18―23で入った第2クオーター(Q)、序盤のシュートが決まらずに一時は13点差をつけられたが、黒川主将を中心に巻き返して38―44で前半を折り返した。第3Qは相手の素早い攻撃に押されて22点差となり、第4Qも32失点で突き放された。

 2連覇を狙う福岡第一は北陸学院(石川)に94―58で圧勝。今夏の全国高校総体準優勝...    
<記事全文を読む>