全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)が二十三日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕した。県代表は昨年四位の女子・津幡が慶進(山口)に76-60、男子・北陸学院がつくば秀英(茨城)に72-59でそれぞれ勝ち、二回戦に進んだ。

 三年連続出場の津幡は第二クオーター(Q)を終えて20点差をつけ、後半も得点を重ねて逃げ切った。福久あきな選手(三年)がチーム最多の21得点、13リバウンド。小山里華、中道玲夏両選手(ともに三年)も二桁得点を挙げた。

 二年ぶり出場の北陸学院は2点を追う第二Qに逆転。チーム最多17得点の元田大陽選手(三年)を中心とする...    
<記事全文を読む>