全国高校バスケットボール選手権(ウインターカップ)は二十三日、東京都八王子市などで開幕し、県代表の男子・藤枝明誠は大量得点で、女子・浜松開誠館は終盤の逆転劇でともに二回戦に進んだ。

◆藤枝明誠が大勝

 藤枝明誠は松山工(愛媛)相手に終始攻撃の手を緩めず、112点を挙げた。菊地広人選手(三年)、岩下恵達主将(同)、浜本健選手(同)の三人で計73点を獲得し、全得点のほぼ三分の二を占めた。

◆浜松開誠館 逆転

 浜松開誠館は作新学院(栃木)と対戦。45-54で迎えた...    
<記事全文を読む>