バスケットボールの全国高校選手権は23日、東京都の武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で開幕し、男女1回戦を行った。静岡県代表は男子の藤枝明誠が松山工(愛媛)を112-80、女子の浜松開誠館は作新学院(栃木)を77-64で下し、ともに初戦を突破した。藤枝明誠は菊地、岩下、浜本の攻撃の軸が得点を重ね、試合を優位に進めた。守備も試合途中で修正を図り、相手の反撃を許さなかった。浜松開誠館はリードを奪われる苦しい展開となったが、相手の運動量が落ちた第4クオーターに攻勢を掛けて逆転した。藤枝明誠は25日に東山(京都)、浜松開誠館は24日に昭和学院(千葉)と2回戦を行う。 <記事全文を読む>