東京都で23日に開幕したバスケットボールの全国高校選手権大会(ウインターカップ)で、特別な感謝の気持ちを込めてプレーした選手がいる。秋田県の女子・湯沢翔北の清川璃子選手(3年)=愛知県岡崎市出身。日本代表主将だった母のチームメートが同校OGという縁もあり、単身、湯沢市にやって来て多くの人に支えられて3年を過ごした。高校最後の大会でチームは1回戦で散ったが、「悔しいけど、精いっぱいプレーでき家族や仲間に『ありがとう』を伝えられたと思う」と涙を拭った。

 清川選手の母は、旧日本リーグの名門シャンソン化粧品で活躍したアキさん(50)=旧姓一乗。日本代表も主力としてけん引...    
<記事全文を読む>