バスケットボールの全国高校選手権は23日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザほかで開幕して女子1回戦を行い、道内勢2校はいずれも初戦で敗退した。

 2年ぶり37度目出場の札山の手は東海大福岡に72―85で逆転負け。8点リードで折り返した後半はリバウンド争いで劣勢となり、相手の勢いを止められなかった。初出場のとわの森も後半に逆転を許し、新潟産大付に68―76で敗れた。

 24日は男子1回戦で東海大札幌高が八戸学院光星(青森)と、白樺が中部大第一(愛知)と、それぞれ対戦する。

...    
<記事全文を読む>